家庭の芝生の雑草対策について
2021-01-29

4月に入ると芝生の中の雑草が目立つようになります。一般的な家庭の芝生の面積ならまずは手で取ることをお勧めします。4月の今頃の時期であればそれほど雑草も繁茂していないでしょうから、マイナスドライバーの様な物を雑草の根元に突き刺し、雑草を取り除くことはさほど大変ではないかと思います。

雑草取りのタイミングを逃がしてしまい除草剤に頼る時の使い方をご紹介したいと思います。

※注意として
①高麗芝、野芝であること(西洋芝では使えません)
②高麗芝、野芝であっても根付いていること

【除草剤の使い方】

*芝生と同じような葉っぱの細い雑草を枯らす除草剤
「グリーンアージラン液剤」 500倍+展着剤

*広い葉っぱの雑草を枯らす除草剤
「トリメックF液剤」   200倍+展着剤

*細い葉っぱ、広い葉っぱの雑草が混在している時は
「グリーンアージラン液剤」500倍と「トリメックF液剤」200倍を混用してもOKです(展着剤も入れます)。

※「グリーンアージラン」も「トリメックF」も雑草を枯らす除草剤ですので、雑草の無い芝生に散布しても雑草発生の抑制効果はありませんので、雑草の生えている箇所にスポット散布をして下さい。

戻る